観戦記

投稿者

Kia Kaha

2013年08月30日 19:00KO 秩父宮ラグビー場 レフリー
トップリーグ VS 第1節 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
T 投稿者が選んだマンオブザマッチ
G チーム名
PG
DG 選手名
0 合計 0

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「TL第1節★日川高校OB選手インタビュー」

 【提供】
  ラグカフェ編集部の取材メモ
  http://ameblo.jp/rugbycafe/entry-11606239225.html

こんばんは!

アシスタントの佐野です!

待ちにまったトップリーグが開幕しましたね♪
9月になったとはいえ、気温の高い中での第一節でした。

金曜日ナイタ―でのスタートと言うことで、普段はOLの私も早退して参戦♬ 理解ある職場に感謝です

私のように仕事帰りにいらっしゃる方が多く見られて、ビール片手に観戦する姿は羨ましかったです~

試合中には神宮のおこぼれの花火も!

夏休みは全て取材で終了・・・昨年に続き、↑は初花火。

そんな残念な私の取材記。今シーズンも優しく見守ってくれると嬉しいです!
1stステージ第1節。試合終了のホーンがなってから同点になったり、逆転したりと接戦が多かったですね。

今回のインタビューは開幕スペシャル!(?) 我が母校、日川高校OB特集です!!

秩父宮開催の第一節全ての試合にOBがいましたので突撃してきました!
鶴田諒選手(NTTコミュニケーションズ・シャイニングアークス)



試合後のインタビュー。第一声は「めちゃめちゃきつかったです。」でした。

「サントリーさんのアタックで左右に振られてディフェンスばっかだったので・・・一人ひとりが強いので、コンタクトでも体力削られて、すごいきつかったです。」

試合後の会見で友井川キャプテンも「終始翻弄された」と振り返ったように、チャンピオンチーム相手に苦戦したようでした。

「FWのコントロールをできていなかったので、自分がしんどい時でもフォワードに声をかけてコントロールしたいです」と課題についてはコメント。

「全試合に出られるよう頑張って、アタックでトライをとれるチームなりたいので、自分のパスでトライをとれるチームにしたいです。」 と最後に今シーズンの意気込みを頂きました!

5月にインタビューした際は、「まだチームができてないうちのサントリーに初戦で対戦できるのはラッキーと考えている」と開幕戦に対してコメントしてくれましたが・・・

悔しさと疲れが伝わるインタビューとなってしまいました。
有賀剛選手(サントリーサンゴリアス)

そして今回、対戦チームのサントリーには有賀選手という大先輩が。

有賀選手の印象を聞いてみると

「体の強さが全然違いますね、ランコースもイイですし。一回抜けてきたのを止めようと思ったんですけど、目が合った瞬間、まっすぐバンと走られて結局ひっかけるぐらいで良いタックルができなくて・・・やっぱ違うなと思いました。」 と。


続いてのインタビューは「やっぱ違うな」と後輩に思わせたご本人

私以外の取材陣がいなくなったころ、遅れて取材ゾーンにやってきた有賀選手はプロテインが入っていると思われるシェイカーを持っていました。 やはり意識の高い選手です。

「まぁ内容はあんま良くなかったですけど、サントリーのラグビーをやろうとする意識はあったし、ずっと勝てなかったですけどスタートダッシュ、勝って終わることができたんで良かったです。」

と開幕戦について淡々と振り返る大先輩。

今年も出ました「サントリーのラグビー」というワード。
どんな場面でも監督もキャプテン始め皆、このワードを使ったコメントをしています。
強いチームならではですね。

この試合、小野澤選手やライアン選手の負傷交代により、小野選手や日和佐選手がウイングになるイレギュラーな場面も発生。

ウイングは練習でもしたことがなく以前2,3回同じように試合で一時的にプレーしたことがあるという日和佐選手ですが

「1回ボールがまわってきてビックリして前に行ったという感じです(笑)ミスはなかったので合格点かな(笑)」とコメント(詳しくはラジオ用のインタビューをしていますのでそちらで★)

その点については有賀選手は

「アクシデントもあったので、なかなか自分たちのラグビーをするのは難しかったですけど、皆、攻める意識はあったので、まあ合格点じゃないかなあと思います。3連覇かかっているシーズンなので、そこに行くために一歩一歩階段を上がっていけたらなと思います。」

と意気込みを交えて応えてくれました。

「ごめんごめん遅くなって」

と最後に気遣ってくれる剛さん。粘って最後まで待ってた甲斐がありました!
今季もお世話になります!
河野好光選手(リコーブラックラムズ)

続きまして日曜には、2試合が秩父宮で行われましたのでそちらのインタビュー

この試合、ラストワンプレーでコーラに追いつき同点で試合終了となる接戦でした。

「怪我してるんでキックもあまり蹴れなかったので不本意でしたが、チームは開幕に向けていい準備ができました。前半3トライはとったんですけど目指している所には行けてないかなあ。後半立ち上がりの10分が毎年課題なので来週のヤマハ戦に向けて、立て直していきたいです。」

先週火曜日に怪我をしてしまったそうで、今回の試合コンバージョンキックは別の選手が蹴っていました。

「100パーセントでは出来ていないですけど、今週どうしても出たかったので水曜日から練習に参加させてもらいました。やはり出るからにはそれなりのパフォーマンスをしないと、上で出られなかった選手が見ているので。昨シーズンは80分出られる試合が少なかったので、春から下半身を鍛えてきたのでより多くフル出場したいです。」

開幕戦に懸ける気持ちが伝わるコメントです。

今年10年目の河野選手。この試合のメンバーでも最年長でした。
「シニアプレーヤーとして若手やチームを良い方向に引っ張ることが求められている」とおっしゃっていました。 10年目で”シニア”という枠に入るんですね・・・


10年目・・・私のラグビー観戦歴も今年で10年目

10年前に初めて観たラグビーの試合に出ていたのが次に紹介する選手です
雨宮俊介選手(東芝ブレイブルーパス)

初めて秩父宮でインタビューをすることができました。

この試合、CANONの永友監督も「選手の頑張りで(東芝と)少し差が縮まった。成長を感じた」と会見で振り返ったようにキヤノンは善戦。

結果は2点差と僅差での勝利だった東芝。特に後半は殆どは東芝のディフェンスの時間が続きました。しかし後半28分、4人の選手を交代しそこから東芝が攻める形に試合の流れが変わりました。その交代出場した選手のひとりが雨宮選手です。

交代の際、何か指示があったのか聞くと

「特に指示はなかったんですけど、リザーブ選手はインパクトと言われていたので、インパクトを重視しました。あそこで取りきれないとリザーブとして意味がないので今度は取りきりたいです。ずっと怪我がちだったのでまだヒットしていないですし、試合に出るためにはもっとレベルを上げていかないといけないなと思います。」

そう語る雨宮選手は、秩父宮での試合は2年ぶり。

おかえりなさい先輩 

久しぶりの秩父宮は少し緊張したとのことで「久しぶりに試合ができて良かったです。試合が終わるなと思いながらやっていました」と短い出場時間を惜しむ応えが返ってきました

東芝のロックは、大御所である大野選手が安定してレギュラー。
もうひと枠は激しいレギュラー争いとなっています。


そのなかで雨宮選手の持ち味を聞いてみると

「持ち味は空中戦なんですけど、東芝のラグビーができないと試合には出れないので。空中戦があるから大丈夫だではなくて、空中戦プラス東芝のラグビーができるようにしたいです。しっかりメンバーに入り続けて、尚且つ日本一のチームになれるように頑張ります。」

出ました”東芝のラグビー”というワード。

サントリーの選手と同じようにチームにフィットする事が強く求められているんですね。

終始照れたような笑顔で応えてくれた雨宮選手。学生時代からの知っているので取材者という立場で話をするのは、違和感もあり緊張しました~

OBの皆さんご協力ありがとうございました♬

 【提供】
  ラグカフェ編集部の取材メモ
  http://ameblo.jp/rugbycafe/entry-11606239225.html
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中