観戦記

投稿者

Keita Noguchi

2012年12月01日 12:00KO 秩父宮ラグビー場 レフリー
クボタスピアーズ VS 三菱重工相模原ダイナボアーズ 天気 雨天
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
2 1 T 1 1 投稿者が選んだマンオブザマッチ
0 1 G 1 1 チーム名
0 2 PG 0 2
0 0 DG 0 0 選手名
10 13 7 13
23 合計 20

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
トップイースト最終戦。スタンドは、クボタ・相模原の熱心なファンで埋まる。クボタ優位と考えていたが、雨と風が混じった天候に、波乱の要素が存在していた。

前半は風上に立つクボタペース。立ち上がりに2トライを挙げ、一気呵成のムードが漂う。しかし、雨による影響と相模原の粘りがクボタを襲う。

カート・モラスと立川の10番、12番はどちらも自ら動いて攻撃のテンポを作り出すタイプである。しかし、雨のせいか攻撃のリズムがゆっくりになる。キックによるエリアマネジメントは定石だが、クボタの志向するラグビーではない。そこを相模原が突く。

10番ウォルダーが低い弾道のキックで陣地を取り返し、クボタの連続攻撃を守備陣が防ぐ。ゆっくりした展開は相模原ペース。1トライを取り返し、前半は10対7で折り返し。

後半は風上の相模原がペースを握りつつ、クボタも見事なキックパスでトライを生む。しかし、風上を活用した相模原はじっくりとしたラグビーを貫き、後半30分についに逆転する。

しかし、クボタもFW主体の遅攻に切り替え、最後は相模原の反則を誘発して立川がPGを2本決めて何とか逆転勝利。クボタが昇格リーグ戦進出を決定。

雨天の影響もあるが、クボタらしい仕掛けのあるラグビーは見られなかった。自分たちのラグビーをしていたのはむしろ相模原の方。しかし、作戦を切り替えて勝利を確実に得る姿勢は、実力の裏返しでもある。立川が万全の状態に戻れば、トップリーグレベルの実力は確実にある。

相模原は、もう少し早いタイミングでシェーン・ウィリアムスを出しても良かったように思う。ただし、ラグビーは非常に堅実。アインレイ、ミロの両外国人を活用した突破から確実にゲインする戦略は分かっていても止めるのは苦労する。

ラグビーにおいて一番恐れるのは、自分たちのラグビースタイルを崩さない姿勢である。その意味で、相模原もまた強く、良いチームであったと僕は思う。
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中