観戦記

投稿者

Kia Kaha

2013年12月15日 12:00KO 瑞穂公園ラグビー場 レフリー 細樅勇二
早稲田大学 VS 京都産業大学 天気 晴れ / 強風
グラウンド状態 良い
前半 後半 得点 前半 後半 観客 さみしい・・・
3 5 T 1 1 投稿者が選んだマンオブザマッチ
1 3 G 1 0 チーム名
0 0 PG 2 0
0 0 DG 0 0 選手名
17 31 13 5
48 合計 18

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「苦しみながらも勝利、準決勝進出へ王手!」

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 http://bit.ly/1fhPcDR

全国大学選手権セカンドステージ第2戦。名古屋に乗り込んだ早大は京産大と対戦した。前半は強く吹き荒れる風、そして京産大の気迫あふれるプレーの前に苦しめられた早大。それでも後半は地力の差を見せつけ圧倒し、48-18で勝利。準決勝進出へ大きく前進した。

強い風下に立たされた前半、早大は自陣からでもキックを使わずに攻めようと試みる。6分にFB藤田慶和(スポ2=東福岡)のトライで幸先よく先制。

しかし、ここから相手の出足の鋭いディフェンスの前にミスを連発。早大らしいアタックをすることができない。自慢のスクラムでも反則を犯してしまうなど、波に乗れないまま2本のPGを決められてしまった。

その後お互いトライを決め、12―13と1点ビハインドで迎えた前半終了間際。「ラインアウトは絶対に取る」とNO・8黒木東星(スポ4=東福岡)が語るように、自信のあるラインアウトからモールを形成、最後はSH岡田一平(スポ2=大阪・常翔学園)が飛び込んだ。

このトライでリードを奪って前半を折り返すが、後半開始早々にノーホイッスルトライを献上。またも1点を追いかける展開になってしまう。
それでも、ここから早大が実力を見せつけた。「リードされても焦ることなくプレーできた」と藤田が語るように、途中出場のSO間島陸(商4=東京・早大学院)がキックを有効に使いながらうまくゲームメークをすると、徐々に敵陣でプレーする時間が増えていく。

迎えた14分、ゴール前ラインアウトから再びモールを組んで岡田がトライ。再逆転に成功する。このトライで勢いづいた早大は止まらない。

17分にターンオーバーから一気にゲインすると、最後は大外で待っていたWTB深津健吾(スポ3=東京・国学院久我山)がインゴールへ。その後26分にも深津が勝利を手繰り寄せるトライを決めるなど、順調に得点を重ねた早大。守っても相手の反撃の芽を確実に摘み取り失点は許さず、終わってみれば48―18と大差をつけて勝利を収めた。

「最終的に点差をつけて勝つことができたというのは、精神的なところで言えば成長している」と後藤禎和監督(平2社卒=東京・日比谷)が口にしたように、苦しい展開ながらも試合中に課題を修正し、勝利できたということは非常に大きいだろう。

だが、初戦の反省であったブレイクダウンで負けていたときがあったことなど、反省点が多く残ったということも事実である。

「自分たちはまだまだ優勝できるとは思っていない」(黒木)。この言葉の通り、選手たちに浮かれた様子はみじんもない。更なる成長を果たすべく、今試合で出た課題を改善し、次戦こそ圧倒する早大の姿に期待したい。

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 http://bit.ly/1fhPcDR
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中