観戦記

投稿者

Kia Kaha

2013年12月07日 00:00KO 新潟市豊栄総合体育館/新発田市カルチャーセンター レフリー
サントリーカップ第10回全国小学生タグラグビー選手権大会 VS 新潟県予選 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
T 投稿者が選んだマンオブザマッチ
G チーム名
PG
DG 選手名
0 合計 0

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「サントリーカップ 新潟県予選が開催されました!」

【提供】
 タグラグビー ジャパンキッズウェブサイト
 http://bit.ly/KhLYWr

「サントリーカップ 第10回全国小学生タグラグビー選手権大会」新潟県予選大会は、12月7・8日に開催されました。北関東ブロック大会進出は4チームとなっており、新潟県では普及を兼ねて小学校ブロック特別枠1チームとスクールブロック3チームが進出します。

学校ブロックは7日に「ハピスカとよさか」で行われました。黒崎南小2チームと川東小2チーム、岩室小1チームで1枠を争いました。

学校の体育の授業やクラブの中でタグラグビーに取り組んできたチーム同士の戦いで、個々の走力で勝負するチームが多く見られました。

決勝は、4・5年生中心の岩室小と6年生主体の川東小Aチーム。走力に勝る川東小が前半で得点差を広げましたが、後半は、組織的なディフェンスを持ち味とする岩室小が相手のミスをついて1点差に追いつめました。しかし、終了間際川東小がトライを決め、万事休す。学校ブロックでの初優勝が決まりました。

スクールブロックは、13チームが参加。「新発田カルチャーセンター」で行われました。9連覇をめざす新津、タグラグビーでは新参チームですが県内のラグビーで圧倒的な強さを誇ってきた新潟、地元会場で悲願の北関東大会進出を目指す新発田、5年連続北関東をねらうニシカンなど県内のスクールが優勝目指して戦いました。

予選ブロックでは、それぞれの強豪チームが、試合を重ねるごとに力を発揮し、順当に決勝トーナメントに進出。

新津リバーズエイトは初戦でニシカンと戦うことになり、昨年の決勝の顔合わせとなりました。ここでは細かなステップで勝る新津が勝ちあがりました。

準決勝では、新津と新発田ヤングブレーカーズの対戦となりました。新発田が先行し、終了直前までリードしていましたが、新津が相手の集中がとぎれた瞬間に連続トライをあげ、同点に追いつきました。流れをそのままに3分間の延長戦でも、新津が得点を重ね9連覇に向けて決勝に進出しました。

反対のブロックでは、新潟レッドイーグルスが中条に苦戦したものの順当に決勝まで勝ちあがりました。

いよいよ決勝戦。新潟が先行するものの、すぐに新津が得点を重ね、緊迫する試合展開となりましたが、新潟が後半途中から再度スターティングメンバーを投入して攻守に勢いを増し、5対3で新潟の初優勝が決まりました。

しかし、今年の上位3チームは差がほとんどありません。これからブロック大会までの間、3チームで合同練習も行う予定ということです。

それぞれの長所を伸ばしながらレベルを高め、しばらくつかんでいない全国への道をぜひ切り開いて欲しいと思います。
がんばれ新潟県代表チーム。

<参加チーム>
13チーム
新潟レッドイーグルス、新潟ブルースピアーズ、新潟イエローハリケーンズ、新津リバーズエイト、新津クラウンナイン、新発田ヤングブレーカーズ、新発田リトルブレーカーズ、中条ラグビースクールA、中条ラグビースクールB、ニシカンジュニアA、ニシカンジュニアB、川東1、川東2
(他オープン参加5チーム 新津フルパワー6、長岡RS、岩室、黒崎南S、黒崎南A)

【提供】
 タグラグビー ジャパンキッズウェブサイト
 http://bit.ly/KhLYWr
優勝チーム
新潟レッドイーグルス
準優勝チーム
新津リバーズエイト
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中