観戦記

投稿者

Kia Kaha

2014年01月19日 00:00KO 長尾総合公園 レフリー
サントリーカップ第10回全国小学生タグラグビー選手権大会 VS 四国ブロック大会 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
T 投稿者が選んだマンオブザマッチ
G チーム名
PG
DG 選手名
0 合計 0

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「サントリーカップ 四国ブロック大会が開催されました!」

【提供】
 タグラグビー ジャパンキッズウェブサイト
 http://bit.ly/1n7Wah6

「サントリーカップ 第10回全国小学生タグラグビー選手権大会」四国ブロック大会が1月19日(日)、香川県さぬき市の長尾総合公園で開催されました。前日の予報では雪ということで心配しましたが、準備している間に太陽も顔を出し上々の天候となりました。試合が進むも気温は上がらず雪がちらつく場面もあり寒い中での大会となりました。

四国4県から予選を勝ち抜いた12チームが、2枚の全国大会出場の切符を懸けて争いました。ブロック大会初出場は大津西(徳島)・伊野・岡豊(高知)の3チームです。

予選リーグでは、各県の1位チームがそれぞれのプールに分かれて3チームでプール戦を戦いました。Aプールでは、川田中が対戦相手に力の差を見せつけ圧勝しました。Bプールでは、大津西が香川1位のブラックシューズ1に、5対3と接戦を制し勝利しました。Cプールでは、東雲が昨年準優勝の経験を生かして、無難に勝利しました。Dプールでは、北条が高知1位の伊野に1点差の接戦を制して勝利しました。どのプールもどの試合も、子ども達は家族や友達の声援を受けながらトライを目指して必死の走りを見せていました。
決勝トーナメントには、徳島・愛媛の1位2位チームが進出してきました。今回記念大会ということで、2チーム全国大会へ出場できるということでトーナメント1回戦は、同県勢同士の対戦となりました。川田中対大津西の試合は、県大会同様実力通りの力を発揮し、8対1で川田中が勝利しました。また、東雲対北条の試合は北条に先制トライを許すも、徐々に力を発揮して逆転した東雲が4対3と1点差の勝利となりました。

決勝は、川田中対東雲の対戦となりました。両チームとも各県1位の看板を背負っての試合となりました。試合は緊張した中で開始され、川田中はオープンに回しての攻撃に対して、東雲はタイミングを計りながら縦に出る攻撃を仕掛けます。先制点を挙げたのは川田中です。両チームともディフェンスが良くタグ4で攻守交代の場面が繰り返されました。最終的には、3対1で川田中が勝利し初優勝となりました。東雲は、2年連続の準優勝となり、全国大会の切符を手にしました。3位には、大津西がブロック大会初出場ながらよく健闘しました。
香川県協会の皆さんには、コートの準備から運営まで本当にお世話になりました。また、全国大会に初出場する、川田中ブラックドラゴンズと東雲グレートファイターズのチームの皆さんは、全国の仲間と思い切りタグラグビーを楽しんで来てください。

<参加チーム>
12チーム
徳島県:川田中ブラックドラゴンズ、大津西ドリームファイブ、山瀬パワーズ9
香川県:附属高松小ブラックシューズ1、附属高松小ブラックシューズ2、多肥PCボーイ
愛媛県:東雲グレートファイターズ、北条スーパースターズ、宇摩ファイティングブルA
高知県:伊野レッドタグハンターズ、伊野レッドサン、大篠岡豊ブルースカイA

【提供】
 タグラグビー ジャパンキッズウェブサイト
 http://bit.ly/1n7Wah6
優勝チーム
川田中ブラックドラゴンズ
準優勝チーム
東雲グレートファイターズ
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中