観戦記

投稿者

Kia Kaha

2014年02月23日 11:40KO 秩父宮ラグビー レフリー 加藤真也
東芝ブレイブルーパス VS トヨタ自動車ヴェルブリッツ 天気 くもり / 弱風
グラウンド状態 普通
前半 後半 得点 前半 後半 観客 さみしい・・・
0 2 T 1 1 投稿者が選んだマンオブザマッチ
0 1 G 1 0 チーム名
3 0 PG 2 1
0 1 DG 0 0 選手名
9 15 13 8
24 合計 21

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「日本選手権2回戦★東芝対トヨタ★安藤泰洋選手インタビュー」

【提供】
 ラグカフェ編集部の取材メモ
 http://amba.to/1hAjiDr


日本選手権2回戦

東芝、トヨタ、神戸製鋼、ヤマハと トップリーグ3位から6位のチームが秩父宮に集結

私は第一試合の東芝対トヨタの試合をメインに取材してきました♪

負ければシーズン終了

試合はペナルティキック合戦

前半終了間際のホップグッド選手(トヨタ)のトライがこの日1本目のトライとなり、13対9とトヨタが4点リードで前半を折り返します

しかし後半開始9分、東芝がトライし逆転

その4分後にはまたトヨタがトライし逆転

そんな中、トヨタは後半19分ホップグッド選手のシンビンにより14人になります…

しかしこの日のトヨタはいつも以上にまとまっていました

文字選手(トヨタ)が距離のある場所からPGを決め、更に点を重ね5点リード

がその直後に左にワイドに展開し、走り切った大島選手(東芝)がトライ
逆転かと思いきや、コンバージョンキックが外れ21対21の同点に…

残り10分ない中で再び同点。

観ているほうは面白い展開ですが、選手たちはどんな気持ちだったのでしょう

試合を決めたのは、試合終了2分前

東芝、デイビット・ヒル選手のドロップゴールでした。
一瞬、時間の流れが止まったように見えたこのシーン

しっかり決まり 24対21 で東芝が勝利しました

トヨタとしてはとても悔しい試合だっだと思います

のでまずはトヨタ選手にインタビューを!

初インタビューの安藤泰洋選手(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)♪

「負けてしまったんですけど、前半に24点取られて、後半に僕らが21点取った展開ならよくないと思うんですけど、持ってる力を前半から出しての負けなので、負けたことに関しては悔しいですけど、今持っている力は全て出せたと皆思っているんじゃないかなと思います」

シンビンや交代選手のイレギュラーな配置等あった中で、この試合は満足できる部分もあったようです。
廣瀬監督も「選手はよくやってくれた。満足している」と会見で語っていました

安藤選手は2014年になってからの試合に全て出場しています。

シーズンが深まるにつれ調子が良くなってきたのか聞いてみると

「春はチームと別で留学させてもらっていて、帰ってきて7月から11月末まではヘルニアで出れなかったんですけど、菊谷(崇選手)がチームを離れて、その頃から怪我も治ってきていて、光治郎(吉田選手)や杉本(晃一選手)とお互い高め合いながら上手いこといけたなと思います。」

と4年目のシーズンを振り返ってくれました。

ニュージーランド留学については

「日本で見えなかったことに気づくことができて、僕自身はすごい個人として成長できた年だったと思います。ラグビーの技術というよりも、自分自身がこうしなければいけないかとかメンタルの部分が一番大きいですね。
ガツガツいくというメンタルもそうなんですけど、自分がラグビーをできる環境に感謝したり、ウエイトの意識も変わったと思ったので、日頃のところですごい成長できたと自分で感じられます。」

と、応えてくれました。

小学校1年生から始めたラグビー。
20年目は安藤選手にとって大きな価値のある1年になったようです

「まだ終わったばっかりで来シーズンのことは考えていないですけど、しっかりオフはリセットして、また体作って来シーズンは初めから出たいと思います!」

と最後に来シーズンへの意気込みをいただきインタビュー終了!

惜敗後のインタビューでしたが、笑顔を交えインタビューに応えてくれました♪

いつも通り写真を撮らせてもらっていると私の後ろを「おつかれさまで~す」と通過していく選手が…

東芝の浅原選手!

「ストップ!ストーップ!」と思わず声を張って呼び止め、インタビュー

こちらはあすお伝えします♪

さの

【提供】
 ラグカフェ編集部の取材メモ
 http://amba.to/1hAjiDr
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中