観戦記

投稿者

Kia Kaha

2014年03月17日 00:00KO JRFU レフリー
東京セブンズ、香港セブンズ日本代表 VS スコッド発表会見 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
T 投稿者が選んだマンオブザマッチ
G チーム名
PG
DG 選手名
0 合計 0

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「ベストメンバーでベスト8!」

【提供】
 ラグカフェ編集部の取材メモ
 http://amba.to/1gyHFhY

いよいよ東京セブンズ、というタイミングで衝撃の出来事に見舞われ、気持ちが鈍い音を立てて折れてしまいそうなところを奮い立たせて行ってきました。

鹿児島でのシニアアカデミーを経て、東京、香港と続く大会へと臨む日本代表が発表されました。
今回選出の14人から、大会登録の12人が選ばれます。
気になるメンバーは

FW
桑水流裕策/コカ・コーラウエストレッドスパークス
ロトアヘア・ポヒヴァ 大和/リコーブラックラムズ
ロマノ・レメキ/ホンダヒート
小澤大/トヨタ自動車ヴェルブリッツ
山本浩輝/筑波大学

BK
鈴木貴士/クボタスピアーズ
橋野皓介/キヤノンイーグルス
坂井克行/豊田自動織機シャトルズ
渡邉昌紀/リコーブラックラムズ
ジェイミー・ヘンリー/PSIコストカッツ
福岡堅樹/筑波大学
藤田慶和/早稲田大学

Utility
ロテ・トゥキリ/北海道バーバリアンズ
ジョセファ・リリダム/流通経済大学

先日のシニアアカデミーに追加招集されていた山本浩輝がメンバー入りしています。
ざっと見たところ直近のシニアアカデミーには招集されていなかったので、ちょっとしたサプライズでしょうか。
瀬川HC曰く
「彼は接点に強さがあるので、パワープレーが必要なときは彼のブレイクダウンのスキルを生かしたい」
高さもある(187cm/97kg)ということで、ハイボール(キックオフキャッチ)も期待できそうです。
とはいえ、瀬川ジャパンは以前の効果的なブレイクダウンを作って展開するという戦術から、スペースを見つけてボールをどんどん展開していくスタイルに変化しています。
山本選手が登場場面は多くないかもしれません。
ブレイクダウンに難があるとされるケニヤ戦、「今までとは違う戦い方を」(瀬川HC)という南アフリカ戦あたりを見込んだ選出でしょうか。
最終12名の登録に残るかというところも気になるところです。

鹿児島では不要なコンタクトを避けて、ボールをスペースへ運ぶ意識を徹底したとのこと。
日本のアタックラインが深く展開できたときは良いアタックができ、逆に浅くなったときには良くないという共通意識ができたのが収穫だったと話しています。
あとは、実戦でどこまで共通意識を持ち続けられるか、というところをウェールズやカナダとの練習試合で確認したいようです。
坂井キャプテンによる東京セブンズでの対戦相手の印象

■アルゼンチン
コンタクトが強い印象です。僕は出ていないですが、過去に勝ったこともあるようですし、アタックできれば勝機はある。

■ケニヤ
身体能力が高いチーム。ケニヤの土俵に上がらず、日本のペースで試合を進めたい

■南アフリカ
正直言って、非常に強いチーム。ただ、こういう強豪国を倒せるというのもセブンズの魅力だと思っている。勝ちにこだわって大胆にいきたい。

思うようにはいかないでしょうが、期待を感じさせるコメントです。
また、瀬川HCによる最近のセブンズの試合展開について。
ラックの成立が行われないゲームが主流になっている、ボールを取り巻く選手が組み合うことが少なくオフサイドラインが存在しなくなり、ラックから力わざでボールを出すということが効果的ではなくなってきているという話も出ました。
強豪国ではタックラーは存在するものの、そのあとのラックに人をかけない(組み合わない)傾向にあるために、先にも触れたスペースにボールを出して展開する方が効果的という判断になったようです。
このあたりは、日本のみならず、東京セブンズ全体の見どころにもつながるのではないでしょうか。
というわけで、いよいよ東京セブンズが近づいてきました。
ラグカフェ編集部は「取材」という形で大会には参加しませんが、事前取材ははりきってやっていきますよ。
もちろん、会場にも推参する予定です!

(尾)

【提供】
 ラグカフェ編集部の取材メモ
 http://amba.to/1gyHFhY
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中