観戦記

投稿者

早スポ太郎

2014年05月25日 13:00KO 茨城・たつのこフィールド レフリー
早稲田大学 VS 流通経済大学 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
0 0 T 0 0 投稿者が選んだマンオブザマッチ
0 0 G 0 0 チーム名
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0 選手名
35 24 0 0
59 合計 0

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
25日、茨城県・龍ケ崎市陸上競技場たつのこフィールドで早大対流通経大の一戦が行われた。前週明大に惜敗し、もう負けることは許されない早大。流通経大の外国人選手に行く手を阻まれ思うようにパスが通らない場面はあったものの、うまく対応して攻撃を組み立てていく。前後半ともに早大は着実に得点を積み重ね、59-0で今季初の完封勝利を飾った。
前半20分頃までは、静かな時間帯が続く。じりじりと攻め入っていく早大。強いフィジカルでそれをはね返し、ゴールラインを割らせない流通経大。幾度かあった好機を生かすこともできず、早大は敵陣にいながらも得点することができなかった。その流れを変えたのがフランカー吉田有輝(人4=大分舞鶴)。ラインアウトモールから抜けてそのままボールをインゴールに叩きこみ、チームに先制点を与えた。そこからゲームは早大のペースに。流通経大の果敢なアタックに打ち勝ち、個々が大きくゲインする場面も増える。計5トライを決めてその上SO小倉順平(スポ4=神奈川・桐蔭学園)がすべてのコンバージョンキックを成功させ、35-0で前半を折り返した。迎えた後半。11分は流通経大の反撃。早大ゴールライン間際で攻防戦を繰り広げトライまであと一歩と迫る。しかしノックオンをしてしまったため早大に陣地を戻され、チャンスを逃してしまった。その後は再び早大が主導権を握り続けてトライを量産。得点を許さないままノーサイドの笛が鳴り、59-0で早大の完勝となった。
明大戦では敗北しまったが、この日は同じように体の強い相手に渡り合い、それを制することができた早大。59-0という結果はまさに快勝と言える。しかし、前日に行われたBチーム、Cチームの試合で勝利したのは流通経大だった。チーム全体として早大の方が実力があると言い切ることは決してできない。そういった意味で、課題と収穫の両方が得られたであろう今試合。ここで感じた刺激は、必ず両チームの成長の糧となっていくだろう。
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中