観戦記

投稿者

早スポ太郎

2014年09月15日 14:00KO ニッパツ三ツ沢 レフリー
慶応義塾大学 VS 明治学院大学 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
0 0 T 0 0 投稿者が選んだマンオブザマッチ
0 0 G 0 0 チーム名
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0 選手名
21 47 3 0
68 合計 3

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
 関東大学対抗戦(対抗戦)の初戦を迎えた慶大は明学大と対戦。前半は今季から1部に昇格した明学大に苦戦を強いられるも、後半は連続トライに成功。68-3で開幕戦を勝利した。
 明学大のキックオフで始まった前半。開始6分、慶大はWTB関東申峻がラインアウトモールから左に大きく展開し先制点を決める。格下相手に勢いよく攻めていきたい慶大だが、相手にPGを許してしまう。その後も追加点を挙げるものの、ペナルティーやパスのミスによってボールをなかなかキープすることができない。このまま前半終了かと思われた終了間際、関東がラインアウトから攻め込み、走り切ってトライ。しかし明学大の激しいプレーに押され、流れがつかめないまま前半を21-3で折り返した。
 しかし後半は一転、試合の主導権を握る。開始早々、関東が相手ボールを奪いディフェンスを突破。このことで口火が切られると勢いづいた慶大。CTB川原健太郎もターンオーバーから右サイドを攻め、独走トライに成功する。その後も攻撃の手を緩めることなく連続トライでさらにリード。自力を見せつけた猛攻により68-3で勝利を挙げた。
昨秋の対抗戦を3位で終えた慶大の今年の目標は優勝。初戦は危なげなく快勝を飾ることができた。弾みをつけた慶大に次戦も期待がかかる。
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中